団地再生

「再生」の本質

建設された建物は、例外なく老朽化が進みます。時間経過に伴う劣化に対応し、いかに価値を維持または向上させるかが重要な課題となります。その本質は、老朽化との闘いにあります。

老朽化への対応

基本的には2つの選択肢しかありません。1つは「建て替え」。もう1つは「修繕」。建て替えを最終地点とし、修繕により可能な限り建物を長く活用しようというのが通常の選択肢です。
「再生」を実現する際の一般的なモデルとされるのが、リノベーションによる価値の向上であり、それによって若年世帯を呼び込もうという手法です。 しかし、リノベーションを含むあらゆる修繕にも経済的なコストが伴います。

「再生」のジレンマ

多額のコストを要する再生事業は、誰にとっても大きな負担となります。 再生に関わる投資リスクが高い場合においても、そのリスクを取らなければ再生事業が進まず、大きなジレンマとなります。特に若年世帯を呼び込む面においては、通勤・通学の不便さがネックとなるため、それを上回るメリットを提供することが必要となります。

再生費用の低減が推進剤となる

再生のネックとなるコストの低減ができれば、事業推進に関わるハードルを下げることに繋がります。 掲示板や配布物の余剰スペースを広告スペースとして解放することによって得られる収益を活用することにより、リノベーションやコミュニティの運営といったより効果的かつ有機的な再生事業の推進が可能となります。

余剰スペースの活用によって得られる収益を再生事業のコスト低減に役立てて頂けます。