コペレボ180とは?


「事業者」と「屋内の空きスペース」をつなぎ、スペースの共有を通して価値を創出するラットフォームです。共有の対象となるスペースは、屋内掲示板やエレベーター内、配布物などの空きスペースとなります。スペースの貸し手には、広告による新たな収益機会がもたらされ、スペースの借り手となる事業者には「記憶に残る」新しい媒体を通したマーケティングの機会がもたらされます。
余剰スペースの借り手
余剰スペースの貸し手

完全成功報酬型のサービス


利用に際しての入会金や維持費といった費用は一切かかりません。マッチングによる取り引き成立時にのみ手数料が発生する成功報酬型のサービスです。

広告スペースとして「借りる」メリット


共同住宅やオフィスビル内は、同じ居住者やワーカーが出入りする特性があります。そこへ広告物を掲示することによって、同じ人の目に何度も触れる機会を創出します。また、もともと広告物がなかったスペースを活用するため独占的な注目を獲得しやすい環境が形成されています。

屋内掲示板の空きスペース 

・共同住宅(分譲・賃貸)

・オフィスビル     

エレベーター内の空きスペース 

・共同住宅(分譲・賃貸)

  ・オフィスビル       

配布物内の空きスペース 

・共同住宅(分譲・賃貸)

個室トイレのドア内側スペース 

・オフィスビル 


広告スペースとして「貸す」メリット


屋内の空きスペースを広告スペースとして貸し出すことにより、その貸し手には新し賃料収入がもたらされます。得られた収益は、建物の維持管理コストの低減などに役立てることできます。

特許登録済みのシステムによる不正防止策


広告物が「契約期間中は広告物として掲示されていたかどうか」を一定程度担保する仕組みを敷いております。万が一、破損や不正が認められる場合には、掲示期間に応じて広告料金の支払いが減額または免除されます。(特許第6243572号)

取り引きの流れ


・広告スペースを貸す(掲示板・エレベーターなど)

 (1) まずは、利用登録
 (2) 広告スペースを登録

広告スペースの登録承認をもって広告スペースは販売に回されます。

 (3) 広告物の受領・掲示

広告スペースが販売されると、掲示用の広告物が届きますので、それを掲示します。

 (4) 広告物の管理・撤去

掲示期間中の広告物は任意の回数でコードとともに画像に残すことで管理します。契約期間が終了すると広告物は撤去します。


・広告スペースを貸す(配布物)

 (1) まずは、利用登録
 (2) 広告スペースを登録

登録承認をもって広告スペースは販売に回されます。(共用スペース広告の売買成立の場合は、広告物を受け取り次第掲示をスタートします。)

 (3) 文書データを送付

(配布物広告の場合)

販売成立した場合に、投函用文書データを提出します。(データ形式:word, pages)

 (4) 投函データを受領

(配布物広告の場合)

提出されたデータは、広告情報を掲載した配布物に加工されます。それを出力し、該当の建物に投函します。



・広告スペースを借りる

 (1) まずは、利用登録
 (2) 広告を出稿したい建物を選ぶ

広告スペースを借りるページより、希望にあった建物の広告スペースを選択・購入します。

(3) 広告物を送付 

(配布物広告の場合はデータを送付します)

購入手続き完了後に、広告物を送付します。配布物広告の場合はデータを提出します。(データ形式:jpeg, png)