効果的に記憶に働きかける広告スペース

コンテンツの生産が容易になった今日において、情報は増加し過多状態となる一方です。しかし、私たちの1日は24時間しかありません。それ故に、インターネットの中であれ、現実世界であれ、限られた時間の中で 「どれだけ希少な注目資源を確保し、記憶に留めてもらうのか」というのが情報発信者の最重要課題となります。当プラットフォームは、この課題に対応した価値ある広告スペースを提供します。


「3日前の電車内広告を覚えていますか?」「 2日前の新聞内広告を覚えていますか? 」「昨日スマホで表示された広告を覚えていますか?」 もし、あなたの答えがNOならば、それらの広告が購買行動に影響を与える確率は極めて低いです。それは、衝動買いを除いて、記憶に残らず想起できないものが購買の対象とはなり難いためです。リーチの数よりも、記憶に残る広告宣伝活動に重点を置く方が結果として投資効果は高くなります。

3つの基本的な価値訴求点

膨大な数の広告がひしめく環境とは異なり、ノイズが少なく視認性が高い
同じ人に何度も露出するため反復効果により記憶に何度も働きかける
掲示期間中は反復効果が継続するため記憶に残りやすい

広告媒体としての性質

弊社提供の媒体は、短期的な問い合わせや申し込み等を追求するレスポンス広告の特徴と、中長期的な記憶を勝ち取ることで購買頻度を引き上げるブランディング広告の両方の特徴を持ち合わせています。そのため、ブランディングのできる安価なレスポンス広告として活用することができます。これまでチラシのポスティングなどに使われていた費用の一部を回すことで、「未来の影響力」を獲得し、中長期的な売り上げの確保につなげていくことが可能となります。

【特徴1】他の広告(ノイズ)がほとんど無い


人の注目は無意識的な動作がほとんどです。それ故に、注目は次の対象へ移ろいやすく、記憶に残りにくい特徴があります。私たちは日々多くの広告情報に晒されているにも関わらず、その内容のほとんどを覚えていない実態があります。
注目が分散
対象が多いため、注目が分散しやすく記憶に残りにくい
無意識的な注目の移ろいやすさを逆手に取れば、注目を移す対象(ノイズ)を減らすことによって、特定の情報に集中させ、質の高い注目を獲得することが可能となります。その効用は、記憶の定着に作用することに繋がります。
質の高い注目
ノイズが無い為、特定の対象に注目を傾けやすい

>> 当プラットフォームが提供する広告スペースは、他の広告(ノイズ)がほとんど無い環境が担保されています。

【特徴2】身近な生活動線における反復的な視認


人は、同じ情報や人・モノを何度も見たりすることにより、その対象に好意を持ち、さらには好意度が上がることが知られています。これは、「単純接触効果」と言われるもので、多くの実験で立証されてきた効果です。全てのものに当てはまる訳ではありませんが、相対的に「知っている」情報などに何度も触れることにより、それが安心感といった信用に繋がることがわかっています。
屋内掲示板の空きスペース 

・共同住宅(分譲・賃貸)

・オフィスビル     

エレベーター内の空きスペース 

・共同住宅(分譲・賃貸)

 ・オフィスビル      

配布物内の空きスペース 

・共同住宅(分譲・賃貸)

個室トイレドア内側スペース 

・オフィスビル 


>>生活動線における反復的な視認が、広告物の掲示期間中は継続的に促されることにより、強く記憶に働きかけます。

【特徴3】中・長期的なエンゲージメントの構築

分譲型のマンション・共同住宅のみ

広告宣伝活動を通して社会的な課題解決に貢献できれば「事業者」と「消費者」は今まで以上に深くつながることができます。一度建てられた建物は、完成した瞬間から老朽化の一途を辿り、それに応じた多大な修繕コストを伴います。嵩み続ける修繕コストを広告収益によって少しでも低減することができれば、広告活動そのものが社会貢献となります。「事業者」と「消費者」の双方にとって価値のある広告宣伝活動となることから、これまでとは異なる広告コミュニケーションが実現されます。
双方の「注目」「課題」「エンゲージメント」を共有
双方の「注目」「課題」「エンゲージメント」を共有

「課題共有」が双方の関係を強くする

人間には、自分に注目してくれる人や組織に注目する特徴があります。従って、事業者が消費者の課題に注目し、それに対する具体的な解決策へ貢献することにより、消費者はその事業者に注目するようになります。これにより、双方向的なコミュニケーションが生まれ、それが信用となり、中・長期的なエンゲージメントの構築に繋がっていきます。