マンション・オフィスビル共用部分の「空きスペース」を「広告メディア」として有効活用

コペレボ180は「事業者」と「消費者」をつなぐシェアリングプラットフォームです。マンション・オフィスビル共用部分の空きスペースを広告スペースとして有効活用することにより、空きスペースの貸し手には、広告による新たな収益機会がもたらされ、その借り手には「記憶に残る」媒体を通したマーケティングの機会がもたらされます。

シェアの対象となる空きスペース

エレベーター内の空きスペース

同じ人が、繰り返し、何度も視認します

屋内掲示板内の空きスペース

同じ人が、繰り返し、何度も視認します

共用通路の空きスペース

同じ人が、繰り返し、何度も視認します


空きスペースの貸し手には新たな収入を

空きスペースの有効活用により新たな収益が獲得できれば、修繕積立金の枯渇や多額の費用が伴う大規模修繕のコスト低減などに役立てることができます。
屋内空きスペースの有効活用によって得られる賃料収入は、物件価値の引き上げに貢献します。また、その収益を広告費用や初期費用の低減交渉に活用できるため、空室対策の強化に繋げていくことも可能となります。

修繕・建替・コミュニティ運営といった団地の再生事業には多くのコストが伴います。そのコストを少しでも低減することにより、再生事業を促進させることができます。
地方自治体が保有する多くの共同住宅は貴重な資源です。これを有効活用することによって得られる新たな収益を維持管理コストの低減などに役立てることができます。

広告メディアとしての特徴

【ストレス無く効果的に記憶に訴えかける3つの強み】

生活動線に配置するため、反復的な視認を促します。
ノイズが少ない環境により、質の高い注目を獲得します

マンションの共用部分となるエレベーター内や掲示板・共用通路にはこのような強みを実現する環境が整っています。

マンションのエレベーター内

同じ人が、繰り返し、何度も視認します

マンション共用部分の掲示板内や通路

同じ人が、繰り返し、何度も視認します


広告スペースを借りる
広告スペースを貸す