エレベーター内広告

屋「内」余剰スペースの有効活用を通して新しい価値を創る

コペレボ180は「事業者」と「屋内の余剰スペース」をつなぐシェアリングプラットフォームです。屋内掲示板やエレベーター内などの余剰スペースを広告スペースとして有効活用することにより、その貸し手には、広告による新たな収益機会がもたらされます。余剰スペースの借り手には「記憶に残る」媒体を通したマーケティングの機会がもたらされます。

【例えば・・】

【エレベーター内の余剰スペース】

【屋内掲示板の余剰スペース】

【配布物内の余剰スペース】


新たな収益 = コストの低減

【余剰スペース貸し手のメリット】

団地の再生事業には多くのコストが伴います。そのコストを少しでも低減することにより、再生事業を促進させることができます。
地方自治体が保有する多くの共同住宅は貴重な資源です。これを有効活用することによって得られる新たな収益を維持管理コストの低減などに役立てることができます。

屋内余剰スペースの有効活用により新たな収益が獲得できれば、多額の費用が伴う大規模修繕のコスト低減などに役立てることができます。
屋内余剰スペースの有効活用による新たな収益機能は、物件価値を引き上げます。また、収益金を広告費用や初期費用の低減交渉に活用できるため、空室対策の強化に繋げていくことも可能となります。

広告スペースとしての特徴

【余剰スペース借り手のメリット】

知る機会の創出
テレビ、新聞、雑誌、インターネットでもリーチが難しい消費者を含めて知ってもらう機会を創り出します。
独占的な注目・認知の獲得
他の広告情報が少ない環境において反復的に訴えかけることにより、質の高い注目を確保し、強い認知の獲得を促します。
エンゲージメントの獲得
広告宣伝活動が社会的な課題解決に貢献することにより、中・長期的なエンゲージメントの獲得につなげます。

広告スペースとして有効活用

広告スペースを借りる
差別化された媒体による効果的な認知獲得のお手伝いをします。
社会に貢献する広告企画参加者募集
広告スペースを貸す
余剰スペースを広告スペースとして有効活用することによって新たな収益を獲得します。